AR(拡張現実)開発

AR(拡張現実)とは、人間が知覚する現実世界に対してコンピュータ等を使用して情報の付加や強調(時には削除)を行い、その現実世界を拡張する技術全般を指します。

現在一番使われている技術は、スマートフォンのカメラを使用し、そのカメラで写している現実世界に3DCGで作成されたキャラクター等を重ね合わせて表示し、あたかもその場にそのキャラクターが存在しているかのように見えるようにする技術です。
これまでは、キャラクターをどの場所に表示させるかを認識させるには、ARマーカーと呼ばれる黒い枠のマーカーが必要でした。ですが、近年はこのようなマーカーを使用せず、商品のパッケージや写真などを認識させ、そこにキャラクターを表示させる事が出来るようになりました。これらの技術を用いて、販売促進用のスマートフォンアプリや、イベントの集客、パンフレットに付加価値をつけるなど、さまざまシーンで使用されるようになりました。

株式会社デジタル・スタンダードは、AR技術はもちろんの事さまざまな技術をもちいて、お客様のニーズにあったアプリケーションの企画・提案・開発を行います。

事業領域

お気軽にお問い合わせください。06-6457-6000受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。