ハカロシリーズ ストループテスト 

アプリ「ハカロストループテスト」(Hacaro Stroop Test)のタイトル画像です。

様々な測定をスマートフォンで身近な存在にする「Hacaro(ハカロ)」の
シリーズ第2弾「Stroop Test(ストループテスト)」

ストループテストは、注意力や判断力を測る認知機能検査として知られており、
主に前頭葉や帯状回前半部の働きに関連していると考えられています。
このテストは「Color Naming(カラーネーミング)」と「Incongruent Color Naming(インコングルーエント カラーネーミング)」の2つの課題があります。
これらを2つ連続で測定することをストループテストと呼びます。

①Color Naming
1つ目の課題では、赤,青,緑,黄の 4 色の色をできるだけ正確に早く答えて下さい。

②Incongruent Color Naming
2つめの課題では、4 色の色と色を表している文字が異なりますが、色を答えて下さい。
色と色を示す文字が不一致の時、一致しているときに比べて反応が遅くなることが知られており、
これを “ ストループ効果 ” と呼びます。
色を識別する脳の部位と、文字を識別する脳の部位が同時に刺激されて、
互いに干渉し合うために情報処理に時間がかかるためです。

 このアプリでできること
  • 各課題ごとに測定する
  • 課題①、課題②を続けて測定する
  • 結果のデータは測定日時、年齢、性別、課題の種類、タイム、スコアが保存される
  • 過去30件のデータを閲覧できる
  • ユーザーログインしていれば、サーバーに保存されているデータを取得する
  • ゲストプレイでは、端末に30件データを保存する

スクリーンショット スタート画面スクリーンショット ICT 画面